top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

「屋号のお話し」

かたあきの里には、7戸の家があり

小さな集落(里)をイメージして建てられています。

それぞれの家に屋号があります。

沖縄の屋号のほとんどは苗字が使われますが、

家の方位や位置づけが加えられたり、家主の名前だったり

あるいは、家業が屋号になっているのも珍しくありません。

他にも「ウプヤー(大きい家)」「ウヤキヤー(金持ちの家)」など、

特徴的・あだ名的な屋号もあったり

沖縄の屋号は何ともユニークです(笑)

今はもう聞かれることもありませんが、子供の頃

「あんたはどこの家(ヤー)の子どもか~」とよく聞かれたものです。

集落単位で冠婚葬祭が行われていたころは、

屋号は挨拶がわりのコミュニケーションツールでした。

もちろん、今でもその風習は大切にされていますが・・・。

さて、この夏

移築・再生された古民家の屋号は「東江屋」と命名♪

名護市にあった築60年の古民家・東江家を移築。

由緒ある屋号をそのまま頂きました☆

大切に住まわれていた東江家の方々の想いを受け継いでいきます。

2015年・5月の解体から始まった 古民家移築物語。

いくつもの課題を乗り越え、やっと再生されました!!

今、最後の設備点検中♪

そして、一週間後、いよいよ宿泊施設として生まれ変わります☆

最新記事

すべて表示

「着々と・・・♪」

新年度がスタートしたかと思えば、早くもゴールデンウィークの始まり! 今日の爽やかなお天気は嬉しいプレゼントですね♪ さて、 里の古民家の工事も着々と進行中です☆ そしてもう1棟増築の方は基礎部分の工事が始まり・・・ 里では新しい職人さんたちで毎日賑やか・・・・・☆ 名護の東江から移築され、だんだんとその姿がはっきりとしてきた「東江家」 大切に住み継がれてきた

「匠の技で古民家移築」

寒かった日々を取り戻すかのような暖かい日♪ 天を仰げば、緑をまとった木々は光を受けて輝き モモタマナの赤い葉が青空へアクセントを添える。 植物の息吹を感じる季節ですね~☆ 里では古民家移築のため大工さんたちが急ピッチで作業中☆ もともと木工作業が大好きで事務所のカウンターや机などサクサクっと 手作りしてしまう・・・そんな社長が見込んだ大工さんは 沖縄本島の浦添に事務所を構える佐藤さん♪

「三月スタート☆」

如月を越えて時は弥生三月☆ 旅立ちの季節ですね~。 昨日はお天気も高校卒業生たちの門出を祝うように晴天でした。 まぶしい光を受けて里の植物たちも笑っているよう・・・♪ 里では先日より、松の移植作業が・・・♪ さて、 宮古島では明日3月3日は「ひなまつり」というより 「旧十六日祭」(ジュウルクニツ)です♪ お墓の前に親族が集合して、ご先祖様と一緒に一年の健康を祈願し祝

Comentarios


bottom of page