top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

かたあき。

「かああき」(役割)って、宮古の人でも、知っている人は、おそらく3割にも満たない。でも、その言葉は知らずとも、島に住む人たちは何らかの形でかたあきを持ち、社会に貢献しようと考える人達が多いのだと思う。で、この茅葺き屋も、「ナントカ地域を元気に」と考えた方達が取り組んだシンボル。となりには、子ども農園も出来る。集落のお年寄り達と子ども達との交流や農産物の販売なども予定されているらしい。 昨日は、生憎の雨で作業は大変でしたが、なんとか出来上がりました。旧城辺町の福嶺地域の皆さんです。(写真夕方更新します)

最新記事

すべて表示

2023/3/26イベント開催のお知らせ

かたあきの夜明け チケット絶賛発売中 前売り券4,500円、当日券5,000円 販売先は、かたあきの里 フロント、かたあきの里 アプリ、【e+(イープラス)ファミリーマート、セブンイレブン内】 子どもは中学生以下までは親同伴で無料です。 ※出演者の出番は、下記の順ではありませんのでご注意ください。 マグロの解体ショーが最初にあります。

ISLAND

チケットお申し込みは→「こちら」から

「島唄を歌い継ぐ♪」

すがすがしく気持ちのいい秋日和 夏が長~い沖縄でもこのところ過ごしやすく 夜の冷房からも解放され この時期が長く続いてほしいなぁ~なんて思ってしまいます(笑) さて、島々の各地では今、豊年祭や厄払いの行事など 島ならではのまつりが繰り広げられています。 そのひとつ、島唄を歌い継いでいこうというまつり 「なりやまあやぐまつり」を観てきました♪ 秋のひととき、潮騒と美しい歌声が響く会場は最高の雰囲気で

コメント


bottom of page