top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

ふたご座流星群

沖縄に移住して不思議に思うことの一つ。 夕方のテレビを見ていると、気象予報士のお姉さんがいつも 「今日は○月○日晴れ、旧暦では○月○日、明日の天気予報で~す!」 と、わざわざ旧暦の日付をお知らせしてくれます。 これは、沖縄が旧暦文化・神事を大切にしているからなのでしょうね。 で、最近そんな沖縄あるあるになれてきたところで、昨日は旧暦の11月1日。新月でした。 難しい話はすっ飛ばしますが、旧暦(=昔の暦)では新月の日=月の始めの日としていました。 なので、旧暦1日ですと聞けばその日は新月なんだなと知ることが出来ます☆ 新月の日は、月明かりに邪魔されることがないので、星空観望にはうってつけなんです。 沖縄本島の案内人仲間たちから、星をみにきてますとメッセージを頂いたので、宮古島案内人代表として(えらそうな) 来間島までお出かけしました。そしたら、道路の真ん中で出会ったのがこいつ。 大きなヤシガニさん。 これ、180センチあるうちの旦那さんの手ですから、結構大きいんですよ。 前から指差しだした日にはもれなくちょんぎられますから、不用意に前から手出しちゃダメですよ。 写真を撮らせて頂いて、ヤシガニくんとはお別れし、島の裏側の浜辺で星を見ることに。 宮古は特別な日じゃなくても、10分空見れば流れ星見れますが・・・ 明日辺りからついに、ふたご座流星群始まりますよ~☆★ ふたご座流星群は、三大流星群の一つ! 「三大流星群」に聞き覚えのある方は、かなりのかたあきブログマニアかも・・・笑 ↓知らない方はこちらをクリック↓ 8月12日 ペルセウス座流星群 極大(一番流れ星が多い時間)は、15日の午前3時頃らしいですが、比較的早い20時ごろから流れ出しているそうです。 お子様も一緒に楽しめる流星群の日となりそうですね。 しかも、先程話したとおり新月の日から近いため、月明かりも少なく暗い星まで見える可能性も高いです! 今年のふたご座流星群は、前後10年間でもっとも良い条件で観測できるそうですよ^^ わざわざふたご座を見ずとも、四方八方に星は流れますから、出来るだけ空の広いところで観測しましょう。 内地はもちろんですが、さすがの宮古島も夜間はだいぶ冷え込んできましたので、しっかり防寒対策をしてお出かけくださいね♪

最新記事

すべて表示

「島の冬スケッチ♬」

師走 一年の締めくくり 明日のクリスマスイブを控えて 街は一段と賑やか♪ 普段はゆったりと流れる島の時間も 慌ただしく過ぎてゆく気がしています。 そんな島の冬をスケッチ♬ 収穫を迎えたサトウキビ畑では 冬を彩る”ツワブキ”の花も満開☆ 里の方では椿の花が咲き始めました☆ 公園や街はイルミネーションで彩られ・・・☆ 昨夜、このブログの写真を撮るために公園に向かう途中 事故に遭遇!!警察と事故車の横を

「島唄を歌い継ぐ♪」

すがすがしく気持ちのいい秋日和 夏が長~い沖縄でもこのところ過ごしやすく 夜の冷房からも解放され この時期が長く続いてほしいなぁ~なんて思ってしまいます(笑) さて、島々の各地では今、豊年祭や厄払いの行事など 島ならではのまつりが繰り広げられています。 そのひとつ、島唄を歌い継いでいこうというまつり 「なりやまあやぐまつり」を観てきました♪ 秋のひととき、潮騒と美しい歌声が響く会場は最高の雰囲気で

「古民家・東江屋紹介」

青く澄みきった島の空をアカハラダカが舞う季節♪ 肌を焦がすような暑さの中にあっても 秋のはしりを告げる話題がニュースになってます。 さて、里の方では 古民家・東江屋の人気が上々♪ 宮古島初の移築再生された古民家・東江屋 紹介しましょう~♪ 見かけは新築ですが、骨組みの部分には古材が使われています。 両側に瓦を配置した白い小路が古民家へといざないます♪ 風がゆっくりとながれてゆく・・・1番座・2番座

Comments


bottom of page