top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

ビオトープガーデン

ちょっと紹介が遅くなりましたが。 10月上旬にまたまた生コン作業。何か型に流し込みをしていました。 1週間後くらいに見に行ってみますと ちなみに池の隣には ここから水が流れてくるようになるんです♪ まだまだ未完成ですが、苔を生やしたり緑を増やしたりして、ビオトープになれば良いなと思っています。 ビオトープとは、大きく言えば生物の生息空間のことを言います。ガーデニング分野では池・滝・小川などをそう呼ぶようです。 水辺に産卵する昆虫や、水を飲みに来る鳥や、苔や草を食べに来る生物もいるでしょう、そんな動植物たちが共存できる環境になっていけばいいですね^^ こちらの庭は、フロントの大きな窓からも見えるようになっていて、そこに座って休めるスペースを設けようと思っています。動物や虫だけでなく、人も安らぐことのできる空間になる様に完成まで頑張ります☆

最新記事

すべて表示

「屋号のお話し」

かたあきの里には、7戸の家があり 小さな集落(里)をイメージして建てられています。 それぞれの家に屋号があります。 沖縄の屋号のほとんどは苗字が使われますが、 家の方位や位置づけが加えられたり、家主の名前だったり あるいは、家業が屋号になっているのも珍しくありません。 他にも「ウプヤー(大きい家)」「ウヤキヤー(金持ちの家)」など、 特徴的・あだ名的な屋号もあったり 沖縄の屋号は何ともユニークです

「着々と・・・♪」

新年度がスタートしたかと思えば、早くもゴールデンウィークの始まり! 今日の爽やかなお天気は嬉しいプレゼントですね♪ さて、 里の古民家の工事も着々と進行中です☆ そしてもう1棟増築の方は基礎部分の工事が始まり・・・ 里では新しい職人さんたちで毎日賑やか・・・・・☆ 名護の東江から移築され、だんだんとその姿がはっきりとしてきた「東江家」 大切に住み継がれてきた

「匠の技で古民家移築」

寒かった日々を取り戻すかのような暖かい日♪ 天を仰げば、緑をまとった木々は光を受けて輝き モモタマナの赤い葉が青空へアクセントを添える。 植物の息吹を感じる季節ですね~☆ 里では古民家移築のため大工さんたちが急ピッチで作業中☆ もともと木工作業が大好きで事務所のカウンターや机などサクサクっと 手作りしてしまう・・・そんな社長が見込んだ大工さんは 沖縄本島の浦添に事務所を構える佐藤さん♪

コメント


bottom of page