top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

マンゴー祭

今週末、かたあきの里にお泊りのお客様はとってもラッキー!! 里の目の前に位置する熱帯植物園 (写真は宮古島ネットさんから引用) こちらで、19日午前10時からマンゴー祭りが開催されます!!! 写真を見てるだけで、甘い香りがただよってきそう… 街からのアクセスに迷うこと無く、車を停める場所に困ること無く。里から徒歩1分。 マンゴーの試食や販売、加工品のジュースやジャムもあり。この時期、宮古島に来てマンゴーを食べないなんて、そんな方はいませんよね? 本土でマンゴーといえば、宮崎産が有名でしょう。しかし、宮古島のマンゴーはそれに引けをとらず、いやもしかするとそれ以上の?最高品質ですよー!最近は、あたらす市場も、島の駅も、かねひでやマックスバリューだって、マンゴーを買い求める観光のお客様がいっぱい!市場の甘い香りがたまりません♪ さぁ、今週末はマンゴーまつりに急げ~^^(私はお仕事なので、優しいお客様からのお土産を待っています…笑)

最新記事

すべて表示

2023/3/26イベント開催のお知らせ

かたあきの夜明け チケット絶賛発売中 前売り券4,500円、当日券5,000円 販売先は、かたあきの里 フロント、かたあきの里 アプリ、【e+(イープラス)ファミリーマート、セブンイレブン内】 子どもは中学生以下までは親同伴で無料です。 ※出演者の出番は、下記の順ではありませんのでご注意ください。 マグロの解体ショーが最初にあります。

ISLAND

チケットお申し込みは→「こちら」から

砂川善榮さんの黒糖

黒糖づくりに励む砂川善榮さん(80歳)。 今も変わらず昔ながらの素朴な製法で作っています。 黒糖づくりは冬場だけ。 大きな釜に原料となるサトウキビの搾り汁を入れ、薪で火をおこし、火加減を調整しながら煮詰めていきます。 宮古で一番小規模な黒糖づくりかも。この小屋の一角で作業が行われています。(下) 建築現場から出た廃材も利用しています。(この火加減が難しい) 火にかけて一時間。ここから約二時間さらに

bottom of page