top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

劇団かなやらび

皆様は「劇団かなやらび」を知っていますか? 宮古島市内の小学生から高校生たちで構成された子ども劇団です。 演劇を通して子どもたちの個性を伸ばし成長を助けることを目的とし、展開されている事業です。(劇団公式資料より) 2011年から様々なワークショップや公演を行ってきたかなやらび、 今年の夏も素敵な公演がありますよ^^ 碧の涙雨アオのナダサメ百年の時を経て島へと流れ着いた少女 その少女は幸か、災いか・・・ 出演者は島の劇団員の子どもたちと、オーディションから選抜された子どもたち。 衣装協力は宮古工業高校の服飾デザインコースの生徒さんなど 全て宮古島の子どもたちによってプロデュースされています。 かなやらび とは、子どもたちが自分たちの劇団での未来に思いを馳せ 沖縄で「愛」にあたる「かな」と自分たちを称して「童-やらび-」とを合わせ 子どもたちが考えた名前だそうです。 当日チケットも700円とお求めやすくなっておりますが 前売り券は500円!チケット取扱店は こめ米屋、Booksきょうはん宮古南店、TSUTAYA、ファミリーマート(島内各店舗) となっておりますので、ぜひ前売り券ゲットして下さいね^^ 2014年に公演された第1回オリジナル劇「はしり星にのって」は 東京公演も行われ、2015年にも島内で再公演が行われるほどの盛況ぶりでした。 今年の公演も、皆様お楽しみに・・・☆

最新記事

すべて表示

「古民家・東江屋落成祝賀会☆」

小春日和が続く宮古島 先日、里では昨年度より進めていた古民家・東江屋を含む宿泊棟2棟と 倉庫の工事が無事竣工を迎えたことを祝う祝賀会が行われました。 東江屋の移築元である名護の東江家の方々をお招きして行われた 祝賀会の様子をスケッチ♪ 宴を盛り上げた”さんしん”と”バイオリン”の音色 和やかで出席した方々の喜びが共鳴するたのしい祝賀会でした。 職人の積み重ねた確かな技と移築再生に関わった全ての方の

「里の広場で」

空の青さも空気も夏とは違い、季節は巡りて 島は今、過ごしやすさのベストシーズン♪ さて 先日、里で行われた結婚式のパーティ お祝の主役はかたあきの里がオープンした当時からのリピータのお客様・清井さん 里のお客様をオープン以来お世話してきた専務 大切な記念の祝いを里の広場でやって頂いたことに「宿人の冥利につきる」と祝いに参席♡ ところで、 里の広場では今度の土曜日からモラロジー研究所による宿泊セミナ

「まいばら屋・完成」

残暑の中に ほのかに 秋の気配も感じられる9月中旬 宮古島は運動会シーズン真っ只中♪ 近所の小学校からは 笛の音とリズミカルな行進曲が聞こえてきます♬ さて、里の方は 繁忙期の8月を終え、すこ~し落ち着いてきました。 今、里を彩っているのは カラフルなハイビスカスたち♡ ところで 工事中だった家(まいばら屋)が完成しました。 古民家・東江屋につづくニューフェイス誕生です☆ 家の中は・・・こんな感じ

Komentáře


bottom of page