top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

贅沢な遊び

昨日はお休みだったので、朝から一潜り。 ウェットスーツを買ったのでおろしてみましたが、ウェット無くてもまだまだ泳げたんではなかろうかってくらいの暖かさでした~ 伊良部で泳いでいたので、ランチも伊良部で。地元の人にも観光客にも大人気の「琉宮」に行ってきました。 島野菜や近海で獲れた魚をふんだんに使った地産池消のお店です。 宮古牛100%のジューシーなハンバーグ。絶品です。 ちなみに、お店に入ったら市内の某洋食屋さんのご夫婦にも遭遇。このご夫婦のお店も私の中では宮古一美味しい洋食屋さんと思ってるので、そんな二人が来る琉宮ってやっぱり美味しいんだよな~なんて納得。 満潮×北風で、少し波立ってましたがやっぱり下地空港17ENDの色は最高! お弁当持ってここで食べるのもいいですよね~。 さて、お腹も心も満たされたので、午後は伊良部が誇るビーチ渡口の浜へ。 何ってこの日のメインイベントはこちら。 お友達が、砂のお城作りをするから遊びにおいで~と誘ってくれました。 約2時間ほどで出来たのがこのお城。 宮古・伊良部島、まだまだ暑いとは言えさすがに観光シーズンもオフに入ってきました。いつもはいっぱいのはずの観光客の姿もまばらな渡口の浜。 それでも、面白いことをやってると皆様気付くもので、写真を撮りに来て下さいました。 夏の宮古島は言わずもがな最高です!でも、冬の宮古島も魅力的なんですよ!というのを、皆様にお伝えすべくいろんな企画をしています。 こんなに白くて美しい砂で作れるお城なんてなかなかありません♪贅沢な砂遊び、一緒にやってみませんか? 大人も子どもも一緒に楽しめる砂山作りは、今週土曜日も開催予定です。 まだまだ日中は半袖の宮古島、12月の予約もまだ空いていますよ~ たくさん遊んで、かたあきの里でゆっくり疲れを癒しませんか♪ 皆様のお越しを、お待ちしておりまーす!!

最新記事

すべて表示

砂川善榮さんの黒糖

黒糖づくりに励む砂川善榮さん(80歳)。 今も変わらず昔ながらの素朴な製法で作っています。 黒糖づくりは冬場だけ。 大きな釜に原料となるサトウキビの搾り汁を入れ、薪で火をおこし、火加減を調整しながら煮詰めていきます。 宮古で一番小規模な黒糖づくりかも。この小屋の一角で作業が行われています。(下) 建築現場から出た廃材も利用しています。(この火加減が難しい) 火にかけて一時間。ここから約二時間さらに

一番搾り!!

やっと、はちみつ入荷しました! 地元養蜂家のはちみつ!手作業で絞っており、貴重な生はちみつです。 加熱処理をしていないので、栄養満点で、ビタミン・ミネラルが豊富。 雑味のないすっきりした甘味が特徴です。 早速、スタッフも試食しましたが、本当に美味しい!はちみつ好きは買わなきゃ損です♪ 宮古島のおすすめ食パン太洋製菓製パンが作っているかぼちゃパンに発酵バターを塗って、こんがり焼いて、最後に このあま

「島の冬スケッチ♬」

師走 一年の締めくくり 明日のクリスマスイブを控えて 街は一段と賑やか♪ 普段はゆったりと流れる島の時間も 慌ただしく過ぎてゆく気がしています。 そんな島の冬をスケッチ♬ 収穫を迎えたサトウキビ畑では 冬を彩る”ツワブキ”の花も満開☆ 里の方では椿の花が咲き始めました☆ 公園や街はイルミネーションで彩られ・・・☆ 昨夜、このブログの写真を撮るために公園に向かう途中 事故に遭遇!!警察と事故車の横を

Comments


bottom of page