top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

美琉太陽

今日はお昼休憩の時間、珍しくランチを食べに出かけてみました。 「美しい琉球の太陽」と書いて「みるてぃーだ」と読みます。太陽の事を沖縄では「てぃだ」とか「てぃーだ」と言います。 かたあきのスタッフでもいつもお世話になってますし、出前でオードブルや折をいつもお願いしているのですが、料理の内容も相談にのってくれますし、何よりとっても美味しいお店です。 もともと夜のみ営業の三線の演奏が聞ける居酒屋さんなのですが、この10月からランチ営業を始めたとの事でさっそく行ってきました♪ 12時を少し過ぎたランチタイムピークということで、お客さんどんどん入ってきてました。みんな、ランチ始まったのよく知ってるんですね! どれも美味しそうでしたが、肉より魚派の私。そしてお給料が入ったばかりの私。ということで どんぶりはもちろん、あら汁がめちゃくちゃ美味しい☆もずくもマンゴーもついてます^^ マンゴーは宮古産ですが、この時期ではどうしても冷凍なのがちょっぴり残念。でも、もずくに海ぶどうにマグロやカツオなど、宮古近海で獲れたであろう島の味が満載でした♪ お水じゃなくてさんぴん茶なのもまた嬉しい☆ 小さなお子様連れでもくつろげる座敷もありますし、カウンターもあるのでお一人様でも気軽に入れます。 場所は、市街地中心部の西里通から車で3分くらい。お店の前に駐車スペースもありますよ。 かたあきの受付にもフライヤー置いてますから、ぜひ皆様お持ち下さい^^ドリンクサービス券もついてます! ライブは毎晩行っています、ぜひ美味しいご飯にお酒を楽しみながら、三線の音色に浸ってみて下さい♪ 美琉太陽の皆さん、これからもお世話になります~ かたあきからお客さんがいらっしゃった時には、どうぞご贔屓にお願い致します・・・笑

最新記事

すべて表示

砂川善榮さんの黒糖

黒糖づくりに励む砂川善榮さん(80歳)。 今も変わらず昔ながらの素朴な製法で作っています。 黒糖づくりは冬場だけ。 大きな釜に原料となるサトウキビの搾り汁を入れ、薪で火をおこし、火加減を調整しながら煮詰めていきます。 宮古で一番小規模な黒糖づくりかも。この小屋の一角で作業が行われています。(下) 建築現場から出た廃材も利用しています。(この火加減が難しい) 火にかけて一時間。ここから約二時間さらに

一番搾り!!

やっと、はちみつ入荷しました! 地元養蜂家のはちみつ!手作業で絞っており、貴重な生はちみつです。 加熱処理をしていないので、栄養満点で、ビタミン・ミネラルが豊富。 雑味のないすっきりした甘味が特徴です。 早速、スタッフも試食しましたが、本当に美味しい!はちみつ好きは買わなきゃ損です♪ 宮古島のおすすめ食パン太洋製菓製パンが作っているかぼちゃパンに発酵バターを塗って、こんがり焼いて、最後に このあま

「夏を味わう」

今、スーパーへ行くと真っ先に目に飛び込んでくるのが 真っ赤な完熟マンゴー☆ 島にマンゴーの季節がやってきました~♪ 里のお客様にも大人気のマンゴー♪ 今年は数が少なめと聞いて マンゴー農園をのぞいてみました ハウスの中をのぞくと・・・ 農園・テラスの方では ”あま~い幸せ” 味わえます ♡

Comments


bottom of page