top of page
かたあきの里のロゴ
かたあきの里3.jpg

里のブログ

里バナナ

だいばん屋の裏にバナナの木があるんですが、こんなにたくさん実がなりました~♪ 何年かぶりに実ったそうです。 数日前、まだ少し緑みがかっていた所を枝ごと収穫、その時はまだ渋かったので しばらくの間、事務所で追熟させておきました。 休み明けの今朝、バナナを見てみるとしっかり黄色く熟してましたよ~ 女性の手のひらに収まるくらいのサイズの島バナナ。 スーパーで売っているフィリピン産のバナナとは見た目も味も違います。 島バナナは、熟せば小さいけれど甘みも強くもっちりずっしりしています。 なので、小さくても食べた時の満足感はばっちり。 今、我が家にはスーパーで買ったフィリピン産バナナと、かたあき産島バナナと 知り合いのお庭から頂いた島バナナで、おうちがバナナだらけ。なんて贅沢。 今朝は、フィリピンバナナと島バナナで2パターンのバナナジュースを作ってみました。 フィリピンジュースはさらっと飲みやすく、島ジュースはどっしりお腹にたまる感じ。 島バナナジュースは、朝ごはんを食べる暇が無いときでもそれだけで元気になれる まさしくパワーフード!といったところでしょうか^^ ちなみに島バナナは、市場で買うととっても高いです・・・! このくらいの房だと1500~2000円はします・・・! 栽培向けの果物では無いので、売りに出すには貴重なんですよね。 ご宿泊中のお客様、今がチャンスですよ~ 管理棟までバナナもらいに来て下さいね~

最新記事

すべて表示

砂川善榮さんの黒糖

黒糖づくりに励む砂川善榮さん(80歳)。 今も変わらず昔ながらの素朴な製法で作っています。 黒糖づくりは冬場だけ。 大きな釜に原料となるサトウキビの搾り汁を入れ、薪で火をおこし、火加減を調整しながら煮詰めていきます。 宮古で一番小規模な黒糖づくりかも。この小屋の一角で作業が行われています。(下) 建築現場から出た廃材も利用しています。(この火加減が難しい) 火にかけて一時間。ここから約二時間さらに

一番搾り!!

やっと、はちみつ入荷しました! 地元養蜂家のはちみつ!手作業で絞っており、貴重な生はちみつです。 加熱処理をしていないので、栄養満点で、ビタミン・ミネラルが豊富。 雑味のないすっきりした甘味が特徴です。 早速、スタッフも試食しましたが、本当に美味しい!はちみつ好きは買わなきゃ損です♪ 宮古島のおすすめ食パン太洋製菓製パンが作っているかぼちゃパンに発酵バターを塗って、こんがり焼いて、最後に このあま

「島の冬スケッチ♬」

師走 一年の締めくくり 明日のクリスマスイブを控えて 街は一段と賑やか♪ 普段はゆったりと流れる島の時間も 慌ただしく過ぎてゆく気がしています。 そんな島の冬をスケッチ♬ 収穫を迎えたサトウキビ畑では 冬を彩る”ツワブキ”の花も満開☆ 里の方では椿の花が咲き始めました☆ 公園や街はイルミネーションで彩られ・・・☆ 昨夜、このブログの写真を撮るために公園に向かう途中 事故に遭遇!!警察と事故車の横を

Comments


bottom of page